遺言・相続業務について

1 遺言について

終活・遺言に詳しい茨城県の弁護士事務所近年,「終活」という言葉が一般的になってきました。
終活とは,人生の最期を迎えるにあたって,より良い最期とするために事前に行う準備活動をいいます。

この「終活」のなかで重要な部分をしめるのが「遺言」です。
遺言は,あなたが死亡した後の財産関係や身分関係などを伝える,残された方々に対するあなたの最後のメッセージです。
 
遺言の方式や要件は法律で決められています。
法律の方式に違反した遺言は無効となります。
また,遺言の内容が一義的かつ具体的でないと解釈の余地を残し,かえって遺族間での紛争を生じさせかねません。
 
このようなことにならないよう,是非,弁護士に相談することをおすすめします。法律の専門家である弁護士が,相談者から丁寧にお話を伺って,相談者の希望にそった遺言を作成します。

当事務所は,遺言に関する相談は初回無料にて実施しております。
是非お気軽にご相談ください。
 

2 相続について

大切な家族を亡くしたとき,残された遺族は,悲しみのなか次々と手続を処理しなければなりません。
死亡届の提出,葬儀の手配,生命保険の手続き…。
悲しんでばかりいられないのが実情です。
 
そして,残された者の頭を最も悩ませるのが,亡くなった方の財産の処理です。
相続を適切に行うためには,遺言の有無の確認相続人の調査遺産分割協議相続の承認・放棄遺留分など,様々な手続と法的知識が必要とされます。
 
相続は,残された遺産の大小に関係なく,また逆に負債しかないような場合でも問題となります。
特に注意したいのが,遺産がマイナスしかないから何もしなくて大丈夫と考えてしまうケースです。
 
相続手続きのなかには,法が定める申立期間が短いものもあります。

相続が生じたら,まずは弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士は,相続に関する書類作成だけでなく,相続人との交渉など,相続に関する業務のすべて行うことができるので,安心して任せることができます。

当事務所は,相続に関する相談を初回無料にて実施しております。
是非お気軽にご相談ください。

3 よくあるご相談

よくあるご相談についてまとめました。ご参照ください。

遺言書のある方へ
遺言書のない方へ
相続のよくあるトラブル
遺産分割協議とは
法定相続について
遺言の種類と特徴
遺言書を作成したい方へ
相続放棄をするかどうかお悩みの方へ

 

お問い合わせ・無料相談

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 あやめ総合法律事務所 All Rights Reserved.